011-784-2977

会社概要

株式会社アイシン探偵事務所
本店
札幌市中央区大通西1丁目14番2
桂和大通ビル50 9階
リージャスビジネスセンター
東店
札幌市東区東苗穂7条3丁目4-50

各種クレジットカードを使えます

JCB、American Express

リンク集


便利帳:札幌お役立ち情報
調査実績

調査事例につきましては、当社において承りました調査事例ですが、
名前、年齢、地域、個人を識別できることにつきましては変更しております。

タグ別アーカイブ: 浮気調査

(株)アイシン探偵  代表の高橋です。

 

当社は札幌市全域で様々な調査を承っております。

 

下記調査事例は複数の調査を元に創作したフィクションです。

 

札幌市清田区在住のYさん(29歳)、妻 H子さん(27歳)、長男(8ヶ月)R君の3人家族。

 

妻のH子さんは出産後、金曜日~日曜日まで実家に帰る。

 

子育てをH子さんのお母さんが手伝ってくれるため・・・との理由だった。

 

YさんもH子さんの子育てが少しでもラクになればと了解をしていた。

 

週末はYさんは自分で食事の用意をし、家の掃除などをして過ごしていた。

 

ある時、H子さんのお母さんから電話が入る。

 

お母さん  「H子はいる?」

 

Yさん    「そちらに行っていませんか?」

 

お母さん  「最近は来ていないわよ」

 

Yさん    「???????」

 

とりあえず、電話を切ったYさん。

 

その後、H子さんにラインをしてみた。

 

Yさん    「今、どこ?」

 

H子さん  「実家だよ」

 

Yさんは瞬間的に違和感を感じ取った。

 

翌日、すぐに探偵に依頼をされた。

 

翌週の金曜日から調査をスタートする。

 

H子さんがR君を連れて、車に乗って外出をする。

 

探偵はH子さんの車を追った。

 

H子さんの車はとあるマンションの駐車場に入り、車を停めた。

 

そのマンションの一室に入っていくのを確認する。

 

夕方、マンションからH子さんとR君、男性の3人で出てくる。

 

近所のスーパーマーケットに行き、買い物をする。

 

その後、またマンションに帰った。

 

そして、日曜日の夕方、マンションの駐車場に停めている自分の車に乗って、

 

自宅へ帰っていった。

 

翌週も同じ行動であった。

 

どうやら、H子さんは週末に実家に行くといっては、

 

その男性のマンションで過ごしていたようだ。

 

H子さんは出産前からその男性と浮気をしていたのであった。

 

だが、Yさんには更なる悲劇が襲ってきたのだった。

 

R君のDNA鑑定・・・・・ 親子関係不存在の結果。

 

つまり、自分はR君の父親ではなかったのだ。

 

半年後、YさんとH子さんの離婚が成立した。

夫の完全なる二重生活

(株)アイシン探偵  代表の高橋です。

 

当社は札幌市全域で様々な調査を承っております。

 

 

下記調査事例は複数の調査を元に創作したフィクションです。

 

 

札幌市南区在住の食品販売会社に勤めているNさん(48歳)、妻 М子さん(45歳)のご夫婦。

 

 

長男(23歳)は既に独立をし、長女(19歳)は専門学校生で自宅から通学している。

 

 

7年前から、Nさんは会社の役職が上がり、管理職となった。

 

 

その時から、Nさんは月曜日~金曜日まで出張することになった。

 

 

そして週末だけ自宅に戻ってくる生活が続いていた。

 

 

ある時、妻のМ子さんが大型ショッピングセンターで

 

 

夫Nさんと見知らぬ女性が腕を組んで歩いていたのを見た。

 

 

М子さんは何がなんだか分からずにいた。

 

 

今日は旭川方面に出張のはずなのに・・・・・

 

 

数日後、М子さんは探偵に夫の調査を依頼された。

 

 

探偵が調査を行なうと驚く結果が出てきた。

 

 

そもそも、Nさんは出張などしてしなかったのである。

 

 

毎日、本社に出勤し、ほとんど定時に退社している。

 

 

そして、同僚の独身女性、T子さんの家で生活をしているのであった。

 

 

月曜日~木曜日まではその浮気相手のT子さん宅で生活し、

 

 

週末だけ自宅に帰る生活をしていたのです。

 

 

見事な二重生活を7年間、続けていたのです。

 

 

紆余曲折があり、妻のМ子さんは夫 Nさんと離婚した。

 

 

また、T子さんもNさんが離婚となった時点で別れを切り出したようだ。

 

 

完全なる二重生活・・・・ それが破綻した時、Nさんは何もかもを失ってしまった。

 

 

そしてNさんの側には誰もいなくなりました。

浮気相手と別れたから「離婚は止めるわ」

下記調査事例は複数の調査を元に創作したフィクションです。

 

札幌市厚別区在住のSさん(37歳 仮名)からご依頼をいただく。

 

依頼の内容は妻 М子さん(仮名 38歳)の浮気調査。

 

Sさんのご夫婦は結婚5年目、子供はまだいない。

 

半年前からМ子さんの不審な行動が続き、またМ子から離婚を要求してきている。

 

探偵が調査をするとやはり、М子さんの浮気が確認された。

 

浮気相手の男性はМ子さんの会社の同僚、Kさん(33歳)。

 

М子さんより5歳年下の独身男性であった。

 

М子さんは会社の飲み会と言っては、Kさんと密会をしていた。

 

そして、調査をして分かったことなのだが、Kさんと会った翌日に、

 

必ずМ子さんはSさんに離婚を要求してくるのであった。

 

調査も終盤になったある日の調査。

 

М子さんはいつものようにSさんに飲み会と嘘を言って、Kさんと会っていた。

 

探偵が尾行すると、二人はファミレスに入って行った。

 

彼らの隣のテーブルに探偵は座り、二人の様子を撮影していた。

 

そうしていると、いつもの二人と様子が違うことに気づく。

 

探偵は聞き耳を立てて、会話の内容を聞いていた。

 

Kさん     「好きな女性ができたんだ」

       

       「君も結婚していることだし、俺たち、もう別れよう」

 

S子さん  「いまさら、何を言っているのよ」

       

       「私は夫とも離婚について話し合っているのよ」

 

「別れる」、「別れない」と言い合っていたМ子さんとKさん。

 

結局は二人は別れることで決着した。

 

その翌日、М子さんはSさんに真顔で言った。

 

「私、離婚するのを止めたわ」・・・・と。

 

全てを知っているSさんは呆れてしまった。

 

浮気相手と仲良くしているときは「離婚だ」と言ってきて、

 

その浮気相手と別れたら「離婚するのを止めた」と言ってくる。

 

Sさんはその時、М子さんにハッキリと言った。

 

全部知っている、君とは離婚する」・・・・と。

 

その後、Sさんは弁護士を立て、Kさんに慰謝料を請求し、М子さんとも離婚をした。

札幌市を拠点に北海道全域で調査を行っております。

北海道札幌市
中央区
北区
東区
白石区
厚別区
豊平区
清田区
南区
西区
手稲区
その他、北海道全域