011-784-2977

会社概要

株式会社アイシン探偵事務所
本店
札幌市中央区大通西1丁目14番2
桂和大通ビル50 9階
リージャスビジネスセンター
東店
札幌市東区東苗穂7条3丁目4-50

各種クレジットカードを使えます

JCB、American Express

リンク集


便利帳:札幌お役立ち情報
調査実績

調査事例につきましては、当社において承りました調査事例ですが、
名前、年齢、地域、個人を識別できることにつきましては変更しております。

カテゴリー別アーカイブ: 札幌市厚別区

浮気相手と別れたから「離婚は止めるわ」

下記調査事例は複数の調査を元に創作したフィクションです。

 

札幌市厚別区在住のSさん(37歳 仮名)からご依頼をいただく。

 

依頼の内容は妻 М子さん(仮名 38歳)の浮気調査。

 

Sさんのご夫婦は結婚5年目、子供はまだいない。

 

半年前からМ子さんの不審な行動が続き、またМ子から離婚を要求してきている。

 

探偵が調査をするとやはり、М子さんの浮気が確認された。

 

浮気相手の男性はМ子さんの会社の同僚、Kさん(33歳)。

 

М子さんより5歳年下の独身男性であった。

 

М子さんは会社の飲み会と言っては、Kさんと密会をしていた。

 

そして、調査をして分かったことなのだが、Kさんと会った翌日に、

 

必ずМ子さんはSさんに離婚を要求してくるのであった。

 

調査も終盤になったある日の調査。

 

М子さんはいつものようにSさんに飲み会と嘘を言って、Kさんと会っていた。

 

探偵が尾行すると、二人はファミレスに入って行った。

 

彼らの隣のテーブルに探偵は座り、二人の様子を撮影していた。

 

そうしていると、いつもの二人と様子が違うことに気づく。

 

探偵は聞き耳を立てて、会話の内容を聞いていた。

 

Kさん     「好きな女性ができたんだ」

       

       「君も結婚していることだし、俺たち、もう別れよう」

 

S子さん  「いまさら、何を言っているのよ」

       

       「私は夫とも離婚について話し合っているのよ」

 

「別れる」、「別れない」と言い合っていたМ子さんとKさん。

 

結局は二人は別れることで決着した。

 

その翌日、М子さんはSさんに真顔で言った。

 

「私、離婚するのを止めたわ」・・・・と。

 

全てを知っているSさんは呆れてしまった。

 

浮気相手と仲良くしているときは「離婚だ」と言ってきて、

 

その浮気相手と別れたら「離婚するのを止めた」と言ってくる。

 

Sさんはその時、М子さんにハッキリと言った。

 

全部知っている、君とは離婚する」・・・・と。

 

その後、Sさんは弁護士を立て、Kさんに慰謝料を請求し、М子さんとも離婚をした。

あまりに大胆な嘘

下記調査事例は様々な調査を元に創作したフィクションです。

※登場する名称などは全て架空のものです。

 

札幌市厚別区在住のA子さん(35歳)から

単身赴任している夫 Bさん(35歳)の調査を依頼された。

Bさんはアイシン商事に勤めるサラリーマン。

札幌支店に勤務していたが、春の異動で函館支店に移動になった。

Bさんは長男 C君(8歳)を転校させるのも可哀想だと言い、

単身赴任をするとことになった。

Bさんは函館の家具つきアパートに引っ越すことになり、

3月末の日曜日に最低限の荷物をクルマに積み込んで函館に行った。

当初は週末は自宅に帰ってきたのだが、

だんだんと帰って来ない週も増えてきた。

そしてA子さんも少し、Bさんに違和感を感じ始めていた。

夜、A子さんがBさんの携帯電話に電話するとでないことが多い。

そして、小声で折り返しの電話がくる。

また、札幌に帰ってきていないはずなのに、

共通の知人が札幌でBさんと女性が歩いているのをみた・・・等の話もA子さんに入ってきた。

まさか・・・と思いながら事実を確認してほしいと探偵に依頼されたのだ。

早速、探偵は函館のBさんのアパートへ行く。

だが、その部屋はなんと空き部屋であった。

探偵が函館支店に取引先をよそおって電話をしてみる。

探偵        「すいません、Bさんをお願いします」

函館支店の人  「Bは札幌支店におりますが・・・・」

エッ・・・エッ・・・エッ・・・ 探偵も頭が混乱してきた。

調査の結果は唖然としたものであった。

なんとBさんは転勤などしていなかったのである。

自宅から荷物を持ち出し、札幌のアパートで浮気相手の女性と暮らしていたのだ。

浮気相手の女性と同棲するためにありもしない転勤をでっちあげたのだ。

そして今まで通り、札幌支店に勤務していたのだ。

あまりに大胆な嘘にA子さんも完全に騙されていたのであった。

その調査結果を聞いたA子さんは後日、Bさんのアパートを訪ねた。

驚いたBさん。

そしてBさんが言った・・・ 「なぜここがわかったんだ」と。

6年間・・・ 騙されていた

下記調査事例は様々な調査を元に創作したフィクションです。


札幌市厚別区在住のAさん(37歳)からご依頼をいただく。

依頼の内容は6年間、交際している彼女 日子さん(35歳)について調べてほしいとのこと。

AさんはインターネットのコミニティーサイトでB子さんと知り合う。

そして6年間の交際をしているのだが、Aさんは日子さんのことをほとんど知らない。

職場も看護師をしていると言っているが、具体的な勤務先は知らない・・・

住所も札幌市南区と聞いてはいるが、正確には知らない・・・

月に2回くらい、札幌駅近辺で待ち合わせをしてデートをする。

B子さんは持病を持っていて、その治療費が大変らしく、

また、介護の必要な高齢のお母さんと同居しているらしい。

いつも生活が大変だと言っているそうだ。

B子さんは色々な理由をつけて、Aさんからお金を借りるそうである。

お母さんが入院するため、まとまったお金が必要なの・・・

自分も持病が悪化して1か月、仕事を休まなくてはならない・・・

クルマで事故を起こしてしまった・・・  等など

交際期間の6年間でAさんが用立てているお金の総額は600万円を超えている。

Aさんも自分でも騙されているんではないか・・と思いながらも、それを信じたくない自分もいる。

ある日、彼女のことを親友に相談したところ、

親友に「お前は絶対に騙されている」と諭され、当社への依頼を決断した。

早速、探偵が調査を開始する。

やはり、B子さんの言っていたことは全て嘘であった。

看護師などしていなく、ナント主婦であった。

彼女は結婚していたのである。

当然、介護の必要なお母さんなどもいない。

また、Aさんと知り合った時にすでに結婚しており、子供もいたのだ。

Aさんからお金をだまし取るための作り話だった。

そして、このB子さんはAさんの他にも2人の男性をだまし続けていた。

探偵の報告を受けたAさんは想像していたとはいえ、やはり落胆されていた。

最後にAさんは探偵に言われた。

「高い授業料でした・・・これからは騙されないようにします・・・・」

札幌市を拠点に北海道全域で調査を行っております。

北海道札幌市
中央区
北区
東区
白石区
厚別区
豊平区
清田区
南区
西区
手稲区
その他、北海道全域