011-784-2977

会社概要

株式会社アイシン探偵事務所
本店
札幌市中央区大通西1丁目14番2
桂和大通ビル50 9階
リージャスビジネスセンター
東店
札幌市東区東苗穂7条3丁目4-50

各種クレジットカードを使えます

JCB、American Express

リンク集


便利帳:札幌お役立ち情報
調査実績

調査事例につきましては、当社において承りました調査事例ですが、
名前、年齢、地域、個人を識別できることにつきましては変更しております。

カテゴリー別アーカイブ: 札幌市西区

婚姻費用は浮気相手とのデート代

下記調査事例は様々な調査を元に創作したフィクションです。

 

札幌市西区在住のAさん(37歳)からご依頼をいただく。

依頼内容は別居中の妻 B子さん(35歳)の行動調査であった。

半年前、B子さんから突然、別居を要求された。

性格があわない・・・・

これ以上、一緒に住むのは耐えられない・・・等と言って

2人の子供を連れて実家に帰ってしまったのであった。

その後、すぐにB子さんは調停を申し立ててきた。

「婚姻費用」についてであった。

AさんはB子さんの要求を受け入れてすぐに婚姻費用が決定した。

月に何度か子供たちと会うAさんであったが、

子供たちからB子さんがいつも出かけていることを聞いた。

子供たちの話を要約すると2人の子供たちを

おじいちゃん、おばあちゃんに預け、週末はいつもいない。

そこでAさんは探偵にB子さんの行動調査を依頼されたのだ。

調査を開始するとB子さんの浮気が確認できた。

B子さんは週末になると若い年下の男性のところに行っては泊りこみ。

そしてデートに出かけるのだが、食事代を含め、デート代は全てB子さんが出している。

時にはその男に服や時計を買ってあげてもいた。

探偵はAさんの報告を聞いて唖然としていた。

Aさんは自分の食費も切り詰めて婚姻費用を送っていたが、

そのお金が浮気相手に使われていることに怒りが込み上げてきたらしい。

その後、Aさんは弁護士に委任し、その浮気相手には慰謝料の請求、

B子さんとは離婚協議を進めた。

別れて暮らす子供の現状調査

下記事例は類似する複数の調査を元に創作したフィクションです。

 

札幌市西区在住のAさん(37歳)から別れて暮らす子供の調査を依頼された。

 

Aさんは3年前、妻 B子さん(35歳)と離婚した。

 

離婚の原因はB子さんの浮気であった。

 

そしてAさんは長男C君(4歳)の親権を主張したのだが、

調停で母親であるB子さんに親権が認められた。

 

離婚後、Aさんは子供の養育費を送り続けるのだが、

 

B子さんが色々な口実をつけて子供にはなかなか会えない状態であった。

 

その後、月日がたちC君も小学校へ入学する。

 

Aさんの友人の子供(D君)がC君と同級生であった。

 

D君の話によるとC君はいつも同じ服を着て、そして、いつもお腹をすかせているようだった。

 

そのような話を聞いたAさんは当社へC君の現状の生活状況と

 

親権者である元妻 B子さんの素行調査を依頼された。

 

調査の結果は悲惨なものであった。

 

B子さんはパート先の若い男性と浮気をしており、

 

C君を家に一人で留守番をさせて遊び回っている。

 

C君の食事は菓子パンとコンビニ弁当。

 

その状況を知ったAさんは愕然とされた。

 

その後のAさんの行動は早かった。

 

家庭裁判所にC君の親権者・観護者の変更の調停を起こす。

 

1年後、親権者はAさんに変更された。

 

Aさんは実家の両親(おじいちゃん、おばあちゃん)に協力をいただき、C君の子育てを始めた。

 

妻の浮気と子供のDNA鑑定

下記の調査事例は類似する複数の調査を元に創作したフィクションです。

 

札幌市西区在住のAさん(32歳)から妻 B子さん(28歳)の浮気調査を依頼された。

ご夫婦には長男(4歳)、次男(2歳)の子供がいる。

奥さんは奔放な性格で常に男性の友人?と遊んでいる。

当然、Aさんは何度もB子さんに注意するのだが、

B子さんは「友達と遊びに行って何が悪いの?」と逆ギレをする。

そんな生活が5年間、続いた。

Aさんは悩んだ末に離婚を決断する。

そしてAさんはB子さんの調査を依頼された。

探偵が調査をするとやはりB子さんの浮気が確認された。

結果として3人の男性との性交渉を含む交際であった。

探偵の報告にAさんは愕然とされた。

その結果を踏まえAさんは子供たちのDNA鑑定もおこなった。

まさか・・・ まさか・・・ との不安な思いで鑑定結果を待つ。

鑑定結果が送られてきた。

書かれていた文字は「DNAデータは生物学的関係をは支持しません」

つまり2人の子供の父親はAさんではなかったのです。

この結果にもAさんは戸惑ってしまった。

妻の浮気・・・

そして2人の子供は自分の子供ではない・・・

この2つの苦悩を受け入れなければならない

Aさんの苦悩は計り知れないだろう。

だがB子さんは最後まで逆ギレをしていた。

「勝手に浮気調査などして卑怯なヤツだ」

「DNA鑑定なんてインチキよ」 等など。

最終的にAさんは弁護士を立てて離婚に至った。

札幌市を拠点に北海道全域で調査を行っております。

北海道札幌市
中央区
北区
東区
白石区
厚別区
豊平区
清田区
南区
西区
手稲区
その他、北海道全域