011-784-2977

会社概要

株式会社アイシン探偵事務所
本店
札幌市中央区大通西1丁目14番2
桂和大通ビル50 9階
リージャスビジネスセンター
東店
札幌市東区東苗穂7条3丁目4-50

各種クレジットカードを使えます

JCB、American Express

リンク集


便利帳:札幌お役立ち情報
調査実績

調査事例につきましては、当社において承りました調査事例ですが、
名前、年齢、地域、個人を識別できることにつきましては変更しております。

カテゴリー別アーカイブ: 札幌市豊平区

失踪人調査? 実際は浮気調査・・・

下記調査事例は複数の調査を元に創作したフィクションです。

 

 

 

札幌市豊平区在住の佐藤道夫さん(仮名・42歳)から

 

奥さんの美幸さん(仮名 39歳)と長男 直人君(仮名 8歳)を探してほしいとの依頼をお受けする。

 

3日前より美幸さんと直人君が失踪をしたのである。

 

探偵はある仮説を立てて、調査を開始する。

 

まずは道夫さんからの美幸さんと直人君の失踪に至るまでの状況を入念にお聞きする。

 

特に二人に変わった状況はなかったらしく、道夫さんも頭を抱えていた。

 

探偵は道夫さんとともに学校、警察、役所へ行く。

 

まずは学校。

 

直人君の担任が対応してくれたのだが、どうも口が重い。

 

担任  「学校側としては何も言えないのですよ」

 

     「お母さんから転校の手続きは受けています」

 

次に警察。

 

警察で美幸さんと直人君の家出人捜索願を出そうとするが、

 

対応してくれた警察官はそれを受け付けようとはしてくれない。

 

警察官 「奥さんから事前に相談を受けています」

 

      「ご主人の暴力で奥さんも悩んでいたんですよ」

 

道夫さんはビックリしていたが、探偵は仮説通りの展開である。

 

次に役所。

 

道夫さんは美幸さんと直人君の戸籍を請求した。

 

だが、役所の担当者は戸籍は出せないと言ってきた。

 

道夫さんからのありもしないDVをでっちあげ、戸籍の交付制限をかけているのであった。

 

以上の状況を確認し、今回の美幸さんと直人君の失踪は探偵の仮説通りだろうと確信した。

 

探偵は様々な調査方法を駆使し、美幸さんと直人君の居場所を発見。

 

住んでいた場所は美幸さんの浮気相手である

 

木下孝雄氏(仮名 45歳)のマンションであった。

 

以上を道夫さんに報告させていただく。

 

道夫さんは今まで美幸さんと直人さんの安否を心配していたのだが、

 

実際の状況を知って愕然とされていた。

 

道夫さんからのありもしないDVをでっちあげ、入念に準備をして失踪。

 

そして浮気相手のところで同棲生活をしていた。

 

道夫さんにとっては耐えがたい展開だろう。

 

道夫さんは木下氏のマンションを訪ね、木下氏と美幸さんに言いきった。

 

道夫さん  「こんなことが許されるはずはない」

 

        「お前たちにはきっちりと責任をとらせるからな」

 

最終的に道夫さんは弁護士を立て、木下氏と美幸さんに対して慰謝料の請求をした。

一度も会ったことのない恋人

下記調査事例は様々な調査を元に創作したフィクションです。

 

 

 

札幌市豊平区在住のA子さん(29歳)から恋人Bさん(33歳)の調査を依頼された。

 

実はA子さんはBさんと一度も会ったことがない。

 

二人は4か月前にオンラインゲームで知り合い、

 

毎日のようにメール、電話で話をしている。

 

Bさんは札幌から300キロ離れている函館に住んでいるらしい。

 

仕事は広告関係の会社を経営していると言っていた。

 

何度もデートの約束をするのだが、

 

前日や当日にBさんの仕事が入り、キャンセルになる。

 

ある日、電話でBさんが言ってきた。

 

「来週、入院することになった」

 

「すぐに返すのでお金を貸してほしい」とA子さんに言ってきた。

 

A子さんはBさんの指示してきた銀行口座に200万円を振り込んだ。

 

翌日からBさんと連絡が取れなくなったらしい。

 

そしてA子さんは探偵に依頼された。

 

「Bさんの病気が悪化し、きっと急に入院になったのだと思います」

 

「Bさんが心配なので調べてください」と。

 

探偵はAさんの話を聞き、Bさんの悪意を感じたが、

 

A子さんは本当に心配をされていた。

 

早速、調査を開始・・・

 

まずはBさんの住所を確認に行くのだが、その住所は嘘であった。

 

探偵はA子さんから聞いたBさんの様々な情報から本当の住所を判明させる。

 

そして様々なことが判明した。

 

Bさんは入院などしておらず、元気そのもの。

 

住所は全くの嘘・・・・仕事も嘘・・・・年齢も嘘・・・・そして既婚者であった・・・・

 

A子さんは騙されていたのであった。

 

そしてBさんはA子さん以外の女性にも同じ手口で詐欺をしていたのだ。

 

探偵の報告を受け、A子さんは落胆していた。

 

本当に心配していたのに・・・ 騙されていたなんて・・・と。

 

A子さんは探偵と一緒にBさんのところに行き、貸したお金の返済を要求。

 

幸い、お金はまだ使われておらず、全額が返金された。

離れて暮らす子供の現状調査

下記調査事例は様々な調査を元に創作したフィクションです。

 

 

 

札幌市豊平区に在住のAさん(36歳)からのご依頼は

 

離れて暮らす息子 B君(5歳)の現状調査であった。

 

Aさんは3年前に奥さん(C子さん 33歳)の浮気が原因で離婚。

 

当時、Aさんは調停でB君の親権を主張したのだが、

 

「子供が小さいうちは母親が親権者」との画一的な流れで

 

C子さんが親権者となり、離婚が成立した。

 

その後、1年くらいは定期的にB君と会えていたのだが、

 

C子さんが再婚(当時の浮気相手)するとC子さんは

 

何かと理由をつけてAさんにB君を会わせようとしない。

 

探偵に依頼されたきっかけは最近、B君の夢を見ること。

 

夢の中でB君は「パパ・・パパ」と泣いているそうだ。

 

その夢が気になり、探偵にB君の

 

現状の生活状況の調査を依頼されたのだった。

 

探偵が調査をすると結果はAさんの夢の通りであった。

 

C子さんの子育ては最悪。

 

B君はあきらかに汚れた服を毎日きており、体も小さい。

 

ある日、買い物に出かけるC子さんとB君を尾行する。

 

C子さんは歩くのが遅いとB君を大きな声で怒鳴りつける。

 

探偵が見ていても「愛情」を持っていない。

 

極めつけは週に何度も夜になるとC子さんは

 

なんと5歳のB君を一人、家において再婚相手とパチンコ店に行く。

 

いつも帰るのは夜の11時過ぎ。

 

探偵がC子さんの自宅近くに行くと

 

B君が寂しさのあまり泣いている声が聞こえる。

 

以上をAさんに報告。

 

Aさんはあまりの状況に愕然とする。

 

その後のAさんの動きは素早かった。

 

親権者変更の調停をすぐに申し立てる。

 

同時に児童相談所にB君の実情の説明に行く。

 

結局、B君はAさんが親権者として変更になった。

 

Aさんは実家の両親に同居をしてもらい、B君を優しく育てている。

札幌市を拠点に北海道全域で調査を行っております。

北海道札幌市
中央区
北区
東区
白石区
厚別区
豊平区
清田区
南区
西区
手稲区
その他、北海道全域