011-784-2977

会社概要

株式会社アイシン探偵事務所
本店
札幌市中央区大通西1丁目14番2
桂和大通ビル50 9階
リージャスビジネスセンター
東店
札幌市東区東苗穂7条3丁目4-50

各種クレジットカードを使えます

JCB、American Express

リンク集


便利帳:札幌お役立ち情報
調査実績

調査事例につきましては、当社において承りました調査事例ですが、
名前、年齢、地域、個人を識別できることにつきましては変更しております。

カテゴリー別アーカイブ: 札幌市中央区

クルマのナンバーは935(クミコ)

下記調査事例は複数の調査を元に創作したフィクションです。

 

札幌市中央区に在住のA子さん(38歳)から、夫 Bさん(41歳)の調査を依頼された。

 

半年ほど前からBさんの不審な行動が増えた。

 

帰宅時間が極端に遅くなり、休日も仕事があるといって外出する。

 

またBさんはA子さんの反対を押し切って、急にクルマを買い換えた。

 

ある日、BさんがA子さんに離婚をしたい・・・と言ってきた。

 

まだ、子供も小さいことから、A子さんは「離婚なんてできません」と答える。

 

そのこともあり、A子さんは探偵にBさんの調査を探偵に依頼された。

 

探偵が調査を行なうとやはりBさんの浮気が確認された。

 

相手の女性は会社の部下。

 

社内不倫をしていたのであった。

 

調査を終了し、全てを妻のA子さんに報告させていただく。

 

A子さんは一瞬、考え込み、探偵に言った。

 

「夫のクルマのナンバー 935 です」・・・・と。

 

相手の女性の名前は久美子(クミコ)だった。

 

おそらく夫は部下の年下女性と浮気をはじめ、

 

その女性にミエをはるためにクルマを買い換える。

 

そして二人の秘密だね・・・等といって

 

クルマのナンバーを女性の名前 935にしたのだろう。

 

妻のA子さんは相手女性に弁護士を通じて慰謝料の請求をした。

 

夫 Bさんも不倫が会社にバレ、地方に転勤させられた。

 

そして、A子さんはそのクルマをすぐに売却したのであった。

お母さん・・・・ありがとう

下記調査事例は複数の調査を元に創作したフィクションです。

 

A子さん(32歳)から夫Bさん(34歳)の調査を依頼された。

 

半年前からBさんの不審な行動が目立ってきたらしい。

 

帰宅時間が遅くなり、飲み会と称して外泊も多くなった。

 

また、娘のC子さん(8歳)にも無関心になった。

 

そして、BさんはA子さんに離婚を迫ってきたらしい。

 

もう、君を愛してはいない・・・・・

 

しばらく一人で人生を生きていきたい・・・・・

 

結婚生活に疲れた・・・・・

 

親権も渡すし、養育費も払うから離婚してくれ・・・・・

 

そんな状況から、A子さんは悩んだ末に探偵に調査を依頼されたのだ。

 

調査の結果、やはりBさんの浮気が確認された。

 

勤務先の女性(D子さん 26歳)との親密な関係を続けていたのです。

 

そしてD子さんは妊娠していたのだ。

 

探偵の報告を聞いたA子さんは愕然とされた。

 

A子さんは、もし自分が離婚しなければ、D子さんのお腹の子供が

 

堕胎されてしまうことも考え、離婚を決断された。

 

離婚が成立した3ヵ月後、BさんはD子さんと結婚をした。

 

そして、D子さんは子供を出産した。

 

A子さんは離婚後、必死に働いた。

 

週に5日、スーパーでパートとして働き、

 

夜は週3日、ビルの清掃の仕事を掛け持ちでされていた。

 

そして、12年の歳月が流れた今年の1月。

 

C子さんが成人式を迎えた。

 

成人式でキレイな晴れ着をまとった娘を見て、A子さんは本当に嬉しかった。

 

成人式を終え、C子さんがA子さんに言った。

 

「お母さん・・・ 一生懸命に私を育ててくれてありがとう」

 

「これから、少しずつ親孝行をしていきます・・・本当にありがとう」・・・・と。

 

A子さんは本当に嬉しそうにその話を探偵にしてくれた。

 

最後にA子さんが言われた。

 

全ての苦労が全部、報われました・・・・・と。

別れた奥さんに彼氏がいるのか?

(株)アイシン探偵(興信所)  代表の高橋です。

 

札幌市中央区在住のSさん(48歳)から依頼をお受けする。

 

別れた奥さん(K子さん 47歳)に彼氏がいるのか?の調査であった。

 

もし、彼氏がいないのであれば、二度目のプロポーズをしたいらしい。

 

Sさんは以前、探偵が調査をした方。

 

K子さんから10年前に依頼をいただき、Sさんの浮気調査をおこなった。

 

当時、Sさんの仕事は自営業で仕事も順調。

 

そして若い愛人の女性もいた。

 

その女性にマンションを買い与え、愛人宅のマンションに入り浸りであった。

 

紆余曲折があり、K子さんは離婚を決断した。

 

その時、探偵はSさんと面識を持った。

 

離婚後、なぜかSさんと探偵の不思議な関係が続いていたのだ。

 

「高橋さん、これから飲みに行きませんか?」などの連絡が入り、飲みに行くこともあった。

 

Sさんは探偵と会うたびに、K子さんとの復縁を望んでいることを言っていた。

 

Sさんは離婚後、自分の浮気をしっかりと反省し、

 

決められた養育費もきちっと払い、運動会や父親参観日なども参加していた。

 

実は探偵はK子さんとも連絡を取り合っていたのだ。

 

K子さんが子供のことや近況など、たまに連絡をくれていたのだ。

 

そして探偵はK子さんがSさんをすでに許しているのも分かっていた。

 

SさんからK子さんの調査を依頼された探偵は早速、動いた。

 

探偵   「K子さん、お久しぶり・・・ 明日、時間ありますか?」

 

K子さん 「はい、大丈夫ですよ」

 

探偵   「それじゃ、○○○で5時にお会いしましょう」

 

 

 

翌日 ・・・・・・・

 

探偵   「実はSさんがK子さんと再婚したいらしく、

      

      彼氏がいるのか?を調べてほしいとの依頼を受けてしまいました」

 

K子さん 「ハ・ハ・ハ・・・・なに言ってるのかしらね・・・フ・フ・フ」とまんざらでもないようだ。

 

 

 

数日後、探偵はSさんと会い、報告をした。

 

探偵   「彼氏はいないようですよ」

 

Sさん  「そうですか・・・よかった」   「ところで調査は尾行したんですか?」

 

探偵   「うーん・・・それはナイショです」

 

Sさん  「費用はいくらですか?」

 

探偵   「プロポーズがうまくいったら請求書を出します」

 

Sさんは探偵がK子さんとずっと連絡を取り合っていたことも、

 

今回、直接、聞きに行ったことも全く知らない。

 

数日後・・・・ Sさんのプロポーズは成功した。

 

K子さんは探偵から事前に聞いていたので、

 

Sさんが真剣な顔で近付いてきたときには笑いをこらえるのが大変だったらしい。

 

Sさん、K子さん・・・ご結婚、おめでとうございます。

 

Sさん・・・今回の調査料金はサービスにしておきます。

札幌市を拠点に北海道全域で調査を行っております。

北海道札幌市
中央区
北区
東区
白石区
厚別区
豊平区
清田区
南区
西区
手稲区
その他、北海道全域