011-784-2977

会社概要

株式会社アイシン探偵事務所
本店
札幌市中央区大通西1丁目14番2
桂和大通ビル50 9階
リージャスビジネスセンター
東店
札幌市東区東苗穂7条3丁目4-50

各種クレジットカードを使えます

JCB、American Express

リンク集


便利帳:札幌お役立ち情報
調査実績

調査事例につきましては、当社において承りました調査事例ですが、
名前、年齢、地域、個人を識別できることにつきましては変更しております。

月別アーカイブ: 2014年8月

そのカーセックス・・・ 待った

下記調査事例は様々な調査を元に創作したフィクションです。

 

札幌市手稲区在住のA子さん(39歳)から

 

夫 Bさん(35歳)の浮気調査をご依頼いただく。

 

数ヶ月前からBさんの帰宅時間が遅くなり、

 

自宅にいる時は常に携帯電話を離さない。

 

子供にも無関心になっていったらしい。

 

そのような経緯があり、探偵に依頼することになった。

 

早速、調査を開始する。

 

やはりBさんの浮気が確認された。

 

相手はBさんの会社の同僚女性 C子さん(33歳)。

 

なんとC子さんも結婚しており、W不倫であった。

 

密会のパターンは退社後、公園の駐車場にそれぞれの車で行く。

 

そしてBさんの車にC子さんが乗り込む。

 

Bさんの車は8人乗りのアルファード。

 

探偵は車内の状況をあらゆる方法で確認する。

 

やはりカーセックスをしていたのだ。

 

互いに結婚しているため、ラブホテルに行くほどの時間が取れないため、

 

カーセックスでの浮気を楽しんでいるのだろう。

 

以上をA子さんにご報告させていただいた。

 

休日には自分と子供を乗せて、買い物や遊びに出かける車で

 

カーセックスをしていることにA子さんは怒っておられた。

 

そしてA子さんは調査の最終日にある計画を実行した。

 

○月○日・・・・ 午後6時。

 

A子さんはBさんの職場の駐車場に行き、合鍵を使い、

 

Bさんのアルファードの3列目のシートに隠れる。

 

その後、何も知らずにBさんは会社を出てきて、車に乗り込み走行を開始する。

 

C子さんといつも待ち合わせる公園の駐車場に行く。

 

C子さんはすでに到着しており、Bさんの車が来るとすぐに乗りこんできた。

 

探偵が渡した無線機を持って車内に侵入しているAさん。

 

その無線機から車内の会話が聞こえてくる。

 

その後、カーセックスが始まった。

 

いよいよ・・・ その時・・・ と思われた時、

 

A子さんの声が探偵の持つ無線機に響いた。

 

「アナタ達、何をやっているの・・・・」とA子さんが怒鳴っている。

 

びっくりしたのか、後部ドアからC子さんが飛び出してきた。

 

なんとC子さんは全裸であった。

 

撮影をしていた探偵もその状況に驚く。

 

BさんもC子さんも何の言い訳もできず、唖然としていた。

 

その後、C子さんはA子さんに謝罪をし、会社を辞められた。

 

そしてAさんは車での通勤を止め、

 

電車とバスを使い1時間30分をかけて会社に通っている。

DVをでっちあげ、接見禁止を申し立てる浮気妻

下記調査事例は様々な調査を元に創作したフィクションです。

 

 

 

札幌市中央区在住のAさん(39歳)からのご依頼。

 

依頼の内容は別居をしている奥さん(B子さん37歳)の行動調査であった。

 

経緯としては半年前からB子さんの不審な行動が目立ち始めた。

 

週末になると子供(C君6歳)を連れて実家に帰る。

 

だが、AさんがC君に話を聞くと、

 

B子さんはC君を祖母に預け、いつも出かけているらしい。

 

そしてAさんがB子さんを問い詰めた。

 

B子さんは逆ギレをして話し合いにもならなかったそうだ。

 

翌日、B子さんはC君を連れて実家に帰ってしまう。

 

Aさんは何度かB子さんの実家に行くのだが、B子さんは一切、出てこようとしない。

 

その後、Aさんの元に裁判所から一通の書面が届く。

 

B子さんの申し立てによっての「接見禁止命令」であった。

 

B子さんはありもしないAさんからのDV被害をでっちあげ、

 

そしてAさんが自分に近づけないようにしたのであった。

 

そこで探偵に調査を依頼されたのだ。

 

早速、調査を開始する。

 

すぐにB子さんの浮気の事実が確認された。

 

C君を実家に預け、B子さんは浮気相手の男のマンションに入り浸りの状況であった。

 

探偵の報告を受け、Aさんは怒りがこみ上げてきたそうだ。

 

自分の浮気を隠すため、DVをでっちあげ、そして裁判所に接見禁止を申し立てる。

 

Aさんが怒るのは当然であろう。

 

その後、AさんはB子さんとその浮気相手に慰謝料を請求する。

 

そしてC君の親権を要求。

 

最終的にB子さんと浮気相手は慰謝料を支払い、

 

C君の親権、観護権はAさんが得ることとなった。

結婚する娘に通帳を渡してください

下記調査事例は様々な調査を元の創作したフィクションです。

 

札幌市手稲区在住のAさん(50歳)からある依頼をお受けする。

依頼の内容は非常に単純なこと。

別れて暮らしている娘に通帳と手紙を渡してほしいとの内容であった。

さんは15年前、互いの気持ちのすれ違いによって妻 B子さんと離婚した。

当時、10歳のC子さんはB子さんが引き取った。

Aさんは毎月、決められた養育費を送金し続けた。

そしてC子さんが14歳の時、B子さんが再婚した。

それまでは毎月、C子さんと会えていたAさんであったが、

B子さんの再婚以降はB子さんから頼まれて会うのを止めていた。

それから11年。

人づてにAさんはC子さんが結婚することを聞いた。

Aさんは離婚後、養育費を支払いながら、

C子さんの名義で通帳を作り、毎月1万円を積み立てていた。

C子さんが結婚する時に渡そうと決めたそうだ。

どんなに忙しくとも毎月26日に銀行に行き、

いつかC子さんに渡す日を思いながら、積立をしていたらしい。

探偵がその通帳を見せていただくと毎月1万円がきちっと記載されていた。

AさんはB子さんや再婚相手への配慮もあり、

B子さんにそっとその通帳を渡してほしいと探偵に依頼をしてきたのだった。

探偵は目立たぬようC子さんと接触をし、事情を話した。

そして預かった通帳とAさんからの手紙を渡した。

後日、探偵にC子さんから連絡が入る。

お父さんに会いたいとのことだった。

探偵はすぐにAさんに連絡を取り、C子さんとの再会の準備をした。

あるホテルのラウンジで待ち合わせ。

Aさんの前にC子さんが現れた。

その途端、Aさんの顔がクシャクシャになり、涙があふれていた。

Aさん、C子さんと会えてよかったですね。

そしてC子さん、結婚おめでとうございます。

札幌市を拠点に北海道全域で調査を行っております。

北海道札幌市
中央区
北区
東区
白石区
厚別区
豊平区
清田区
南区
西区
手稲区
その他、北海道全域