011-784-2977

会社概要

株式会社アイシン探偵事務所
本店
札幌市中央区大通西1丁目14番2
桂和大通ビル50 9階
リージャスビジネスセンター
東店
札幌市東区東苗穂7条3丁目4-50

各種クレジットカードを使えます

JCB、American Express

リンク集


便利帳:札幌お役立ち情報
調査実績

調査事例につきましては、当社において承りました調査事例ですが、
名前、年齢、地域、個人を識別できることにつきましては変更しております。

タグ別アーカイブ: 盗聴・盗撮調査

前住人が盗聴犯人

 盗聴調査

 

 

札幌市西区に在住のA子さん(29才)は看護師で某病院に勤務している女性。

 

現在はお付き合いしている男性もいなく、仕事とスポーツクラブに通う日々を過ごしていました。

 

7月の某日、当社無料電話相談にA子さんからのお電話を頂きました。

 

内容はいたずら電話。

 

A子さんが自宅マンションに戻るとすぐに固定電話がなるそうです。

 

「お帰りなさい、お疲れ様、いつも君のことを見ているよ」

 

「昨日、帰らなかったのは彼氏のところに泊まったの?」 等など。

 

自宅に戻ると1分もしない間に電話が鳴るので非常に、不気味で、また恐怖であるとのこと。

 

相談員はまずは盗聴・盗撮器の調査をご案内し、調査依頼になりました。

 

翌日、A子さんの自宅マンションに行き、盗聴・盗撮調査を行いました。

 

盗撮器はありませんでしたが、やはり盗聴器の設置を確認いたしました。

 

A子さんと相談の上、あえてすぐに盗聴器を取り外さず、犯人の特定をすることにしました。

 

我々探偵は、発見した盗聴器のタイプが電波式であったため、

 

A子さんの自宅周辺で不審な人物の特定を致しました。

 

やはり、A子さんの自宅マンション付近のコンビニエンスストアの駐車場に無線器を持ち、

 

耳にイヤホンをして、車に乗車している男性を確認。

 

その男性を数日間マークしました。

 

その男性はA子さんが住んでいるマンションの元住人。

 

自分が引っ越す前に遊び心で盗聴器を設置して、引っ越しをしていったとのこと。

 

次に住んでいる女性がA子さんのような若い女性だとわかり、

 

ある方法でA子さんの自宅固定電話を調べての行為だった。

 

我々探偵は、A子さんに以上のことを報告し、

 

A子さんに警察への被害届を提出していただき、調査を終了した。

 

 

上記調査事例は類似する複数の調査を元に創作したフィクションです。

 

お隣さんが盗聴されていた・・・

盗聴調査

 

札幌市豊平区に在住のA子さん(28歳)からご相談を頂いた。

 

ご相談の内容は盗聴・盗撮のご心配についてでした。

 

A子さんはニュークラのホステスをしている。

 

最近、匿名でラブレターが届いたり、空き巣に入られたりした。

 

一応用心のため盗聴・盗撮の調査を依頼したいとのことでした。

 

若い女性の一人暮らしのため、セキュリティーの観点からも調査依頼をされた。

 

翌日、A子さんのお仕事が終わり自宅に帰られる午前1時に伺った。

 

様々な専用機材を持ち込み、調査を開始する。

 

探偵の盗聴波・盗撮波調査機材に不審周波数の反応がある。

 

A子さんの部屋にある様々なものを確認する。

 

慎重に調査を続けるが盗聴器自体を発見するに至らない。

 

調査機材をレシーバーに変更し、盗聴波・盗撮波の受信確認を行う。

 

スタンダードな盗聴周波数にサーチオンする。

 

ノイズの調整、消去をすると女性の声を拾う。

 

音声から判断すると男女の性交渉の声であった。

 

おそらく依頼人のお隣からの盗聴波であった。

 

依頼人のA子さんはお隣の方とは面識もあるようで、翌日盗聴されていることを知らせすることにした。

 

A子さんのような結果は特別なことではなく、

 

特に札幌などの100室以上あるようなワンルームマンションではよくあることである。

 

最近は盗聴器・盗撮器などがインターネットなどで匿名購入ができるため、

 

安易に購入して、使用するようである。

 

女性の一人暮らしの場合は、その後の犯罪を誘導する可能性もあるため、十分気をつけてください。

 

 

上記調査事例は類似する複数の調査を元に創作したフィクションです。

携帯電話を使った盗聴・・・・  

盗聴調査 

 

 

札幌市西区に在住のA子さん(28歳)からご相談を頂いた。

 

ご相談の内容は、A子さんの住んでいるマンションの盗聴についてでした。

 

A子さんは、1年間同棲をしていたBさん(32歳)という彼がいる。

 

Bさんは地方公務員で、小樽市から釧路市へ転勤となった。

 

転勤辞令が出たとき、BさんはA子さんにプロポーズをしたのだ。

 

返事は「はい」だった。

 

だが、A子さんがブティックの店長をしており、自分が退職する為の準備に、

 

1年位かかるため、A子さんは退職後に釧路市に行き、結婚をする予定となった。

 

4月にBさんが釧路市に赴任した。

 

その後は毎日のように電話やメールなどで交際を育んでいた。

 

Bさんが赴任した後、A子さんは寂しさからある男性と出会った。

 

だが、Bさんのことは愛している。

 

ある日、Bさんから電話があり、「別れよう、これ以上は僕も辛い」

 

「○○○クンと幸せになってくれ・・・」と一方的に別れを告げられた。

 

A子さんは当初、興信所などに調査をされたと思ったが、

 

その男性との会話や独り言までBさんは知っているようだった。

 

相談を頂いた探偵は「盗聴?」と思ったが、

 

釧路のBさんが盗聴をするのは物理的に無理である。

 

探偵はある仮説を立て、A子さんの部屋の盗聴調査を行った。

 

様々な調査機材を持ち込み盗聴調査を行ったが、盗聴器の出す不審周波数電波の確認はできない。

 

そこで部屋全体を細かく目視確認を行った。

 

「あった!」

 

タンスの裏に一台の携帯電話。

 

その携帯電話に外部マイクを接続し、タンスの下側に設置しているのを確認。

 

バッテリーはコンセントから電源を取り、常に充電状態になっている。

 

探偵の仮説通り、携帯電話を使った盗聴であった。

 

携帯電話であれば、電波式の盗聴器と違い、

 

札幌のA子さんの部屋の音声を釧路で聞くことができるのである。

 

おそらくは転勤が決まった時、Bさんが設置したのであろう。

 

調査終了後、以上をA子さんにお話をする。

 

その後、A子さんは随分悩んだようだ・・・。

 

当然である。

 

いくら愛されていようと盗聴された事は不快である。

 

だが、A子さんは自分の勤めているお店にお願いをし、早期退職をした。

 

札幌から釧路に行き、Bさんと結婚した。

 

BさんもA子さんの浮気を許し、A子さんも盗聴については自分を思ってくれていたと考えることにした。

 

探偵は昔、先輩から言われた「結果オーライ」の言葉を思い出した・・・。

 

 

上記調査事例は複数の類似する調査を元に創作したフィクションです。

札幌市を拠点に北海道全域で調査を行っております。

北海道札幌市
中央区
北区
東区
白石区
厚別区
豊平区
清田区
南区
西区
手稲区
その他、北海道全域