011-784-2977

会社概要

株式会社アイシン探偵事務所
本店
札幌市中央区大通西1丁目14番2
桂和大通ビル50 9階
リージャスビジネスセンター
東店
札幌市東区東苗穂7条3丁目4-50

各種クレジットカードを使えます

JCB、American Express

リンク集


便利帳:札幌お役立ち情報
調査実績

調査事例につきましては、当社において承りました調査事例ですが、
名前、年齢、地域、個人を識別できることにつきましては変更しております。

タグ別アーカイブ: 所在調査(人探し)

旅先での運命の出会い

所在調査 

 

 

札幌市北区に在住のA子さん(28才)からお電話を頂いたのは2年前の6月の初夏の日。

 

日曜日の午後に当社の無料相談にお電話を頂いた。

 

内容はその年の4月に職場の人間関係の疲れから会社を退職され、京都に一人旅に出かけたそうである。

 

心の癒しも兼ねて、宿泊先も決めずにゆっくりとした旅行である。

 

京都について二日目の夜、ふらりと入った居酒屋のカウンターで一人の青年と隣り合わせになった。 

 

なにげない挨拶から、たあいのない話になり、

 

偶然にも同じ北海道からの旅行者であることが分かり、話がはずんだ。

 

その青年はBさん(33才)。

 

Bさんも会社の勤続10年のリフッレシュ休暇だそうである。

 

2時間ほど、その店で話をし、翌日は一緒に京都散策をすることになった。

 

翌日、待ち合わせをし、観光ルートを一緒にまわり、本当に楽しい時間であった。

 

明日、Bさんは北海道に帰る日。 

 

A子さんは一緒に飛行場まで見送りに行き、

 

今度、北海道で会いましょうとお互いの住所と名前の交換をし、再会を約束した。

 

その後、A子さんは京都観光をさらに2日間おこない、北海道に戻ったそうです。

 

自宅に帰り、さっそく、Bさんに手紙を書こうとしたが、Bさんからもらった住所のメモがない。 

 

カバンの中を全て探したがみつからなかった。

 

宿泊先のホテルにも連絡したが、メモらしいものはなかったとのこと。

 

手紙を書きたくても、A子さんの方から出すことはできなくなり、

 

A子さんはBさんからの連絡を待ったそうである。

 

ですが、Bさんからの連絡は来なかった。

 

そうして一ヶ月が過ぎたが、Bさんの心には

 

「もう一度、Bさんに会いたい」との思いが日増しに強くなっていたそうです。

 

恋をしてしまったのです。 

 

A子さんなりに一生懸命、Bさんの話していたことを思い出し、

 

自分で探せないかと動いてみたのですが無理だったようです。

 

その話を友人に話したところ当社をその友人から聞き、ご相談いただいたそうだ。

 

相談員といろいろな話をし、A子さんからの正式な依頼となりました。

 

さっそく、探偵がA子さんからBさんの話していたことを詳細にお聞きした。

 

手がかりとしては名前、北海道の帯広に住んでいる、会社員で車関係の営業をしている、以上である。

 

探偵が現地に飛び、調査を行った。

 

二週間後、Bさんの職場が分かり、探偵が勤務先にむかった。

 

Bさんに今回の依頼の内容とA子さんの気持ちを伝えた。

 

Bさんは驚かれると同時に嬉しそうであった。

 

実はBさんは京都に旅行に行ったのはリフレッシュ休暇を取れたのもあるが、

 

結婚を約束した女性と別れてしまった失恋旅行であったそうだ。

 

BさんもA子さんに手紙を書き、その手紙を何度かポストに入れようとしたが、

 

失恋直後のBさんは勇気を出せなかったそうである。

 

やはり、BさんもA子さんの手紙を待っていたのである。

 

A子さんは札幌、Bさんは帯広。

 

距離にして200キロの遠距離恋愛のスタート。

 

先日、探偵のところに一枚の招待状。

 

Bさん、A子さん、結婚おめでとう。

 

 

上記調査事例は類似する複数の調査を元に創作したフィクションです。

やっぱりそっくりな双子・・・

所在調査(人探し)調査 

 

 

Aさん(50才)からメールでのご相談。

 

送信はオーストラリアからである。

 

内容は自分の双子の弟を探してほしいとのご相談である。

 

Aさんは現在、オーストラリアで日本のある会社の現地法人会社の社長をしており、

 

日本に里帰りしたときに自分の生い立ちを母(養母)から聞いたそうである。

 

その話によると、Aさんの母(養母)はある産婦人科で出産をしたが、死産であった。

 

その病院に双子を生んだ方(Aさんの実母)がいたそうである。

 

その方の生活状況は楽ではなかったそうで、その病院の院長のお世話で、

 

Aさんは現在の母(養母)に引き取られた。

 

実母はAさんの弟のみを出産したことにし、また養母もAさんを実子として届けたそうである。

 

ですから、戸籍上は養子縁組ではなく、あくまでも実子であった。

 

突然、その話を聞いたAさんは戸惑ったと同時に養母に強い感謝の思いが湧いてきたそうである。

 

Aさんの父(養父)はすでに他界しており、この母(養母)を大切にしなくてはと思ったそうである。

 

その後、オーストラリアに戻り、日常の日々を過ごしていた。

 

ただ、一卵性の双子であったとのことなので、

 

やはり自分と同じ遺伝子を持つ弟に会ってみたいとの思いが日増しに強くなっていったそうである。

 

そしてネットで当社ホームページを見て、ご連絡を頂いたそうである。

 

相談員が以上の内容をお聞きし、正式な依頼となった。

 

依頼翌日から調査開始。 

 

まずは当時の情報を元に出産した病院を訪ねるも50年前のことである。 

 

すでに病院は廃院となり、当時の院長も他界されていた。

 

調査は難航を極め、調査期間もまもなく3ヶ月を超そうとしていたとき、当社に有力な情報が入った。

 

だが、未確認な情報のため、調査員が現地に行ったが一瞬にして確認が取れた。

 

そこに、依頼人がいたのである。正確には依頼人と同じ遺伝子を持った人物。

 

顔、体型、そして、髪型まで一緒であった。

 

なぜ、髪型が一緒だったかはわからない。 

 

ただの偶然なのか、遺伝子の仕組みなのか・・・・。

 

弟さんに事情をお話し、依頼人である兄から預かった手紙をお渡しし、調査を終了した。

 

後日、剛さんから国際電話を頂き、弟とオーストラリアで再会したそうである。

 

数日後、オーストラリアのレストランの前で二人が並んで写っている写真が探偵のところに届きました。

 

 

上記調査事例は類似する複数の調査を元に創作したフィクションです。

 

札幌市を拠点に北海道全域で調査を行っております。

北海道札幌市
中央区
北区
東区
白石区
厚別区
豊平区
清田区
南区
西区
手稲区
その他、北海道全域