011-784-2977

会社概要

株式会社アイシン探偵事務所
本店
札幌市中央区大通西1丁目14番2
桂和大通ビル50 9階
リージャスビジネスセンター
東店
札幌市東区東苗穂7条3丁目4-50

各種クレジットカードを使えます

JCB、American Express

リンク集


便利帳:札幌お役立ち情報
調査実績

調査事例につきましては、当社において承りました調査事例ですが、
名前、年齢、地域、個人を識別できることにつきましては変更しております。

タグ別アーカイブ: 失踪人調査

失踪人調査? 実際は浮気調査・・・

下記調査事例は複数の調査を元に創作したフィクションです。

 

 

 

札幌市豊平区在住の佐藤道夫さん(仮名・42歳)から

 

奥さんの美幸さん(仮名 39歳)と長男 直人君(仮名 8歳)を探してほしいとの依頼をお受けする。

 

3日前より美幸さんと直人君が失踪をしたのである。

 

探偵はある仮説を立てて、調査を開始する。

 

まずは道夫さんからの美幸さんと直人君の失踪に至るまでの状況を入念にお聞きする。

 

特に二人に変わった状況はなかったらしく、道夫さんも頭を抱えていた。

 

探偵は道夫さんとともに学校、警察、役所へ行く。

 

まずは学校。

 

直人君の担任が対応してくれたのだが、どうも口が重い。

 

担任  「学校側としては何も言えないのですよ」

 

     「お母さんから転校の手続きは受けています」

 

次に警察。

 

警察で美幸さんと直人君の家出人捜索願を出そうとするが、

 

対応してくれた警察官はそれを受け付けようとはしてくれない。

 

警察官 「奥さんから事前に相談を受けています」

 

      「ご主人の暴力で奥さんも悩んでいたんですよ」

 

道夫さんはビックリしていたが、探偵は仮説通りの展開である。

 

次に役所。

 

道夫さんは美幸さんと直人君の戸籍を請求した。

 

だが、役所の担当者は戸籍は出せないと言ってきた。

 

道夫さんからのありもしないDVをでっちあげ、戸籍の交付制限をかけているのであった。

 

以上の状況を確認し、今回の美幸さんと直人君の失踪は探偵の仮説通りだろうと確信した。

 

探偵は様々な調査方法を駆使し、美幸さんと直人君の居場所を発見。

 

住んでいた場所は美幸さんの浮気相手である

 

木下孝雄氏(仮名 45歳)のマンションであった。

 

以上を道夫さんに報告させていただく。

 

道夫さんは今まで美幸さんと直人さんの安否を心配していたのだが、

 

実際の状況を知って愕然とされていた。

 

道夫さんからのありもしないDVをでっちあげ、入念に準備をして失踪。

 

そして浮気相手のところで同棲生活をしていた。

 

道夫さんにとっては耐えがたい展開だろう。

 

道夫さんは木下氏のマンションを訪ね、木下氏と美幸さんに言いきった。

 

道夫さん  「こんなことが許されるはずはない」

 

        「お前たちにはきっちりと責任をとらせるからな」

 

最終的に道夫さんは弁護士を立て、木下氏と美幸さんに対して慰謝料の請求をした。

この3年間は僕の人生の宝物です・・・・

失踪人調査事例

 

 

札幌市在住のA子さん(38)から内縁の夫Bさん(42)の「失踪人調査」を依頼された。

 

一週間前にAさんが仕事を終え、帰宅するとBさんからの手紙。

 

そしてコツコツ貯めたであろう、お金の入った貯金通帳と印鑑。

 

手紙には今までありがとう・・・

 

この3年間は僕の人生の宝物です・・・

 

幸せになってください・・・  などと綴られていた。

 

AさんとBさんが知り合ったのは3年前。

 

Aさんが仕事帰りに立ち寄るスーパーでBさんをよく見かけたらしい。

 

最初は挨拶をする程度だったが、だんだんと会話をするのようになったらしい。

 

ラーメンの話で盛り上がり、その後交際がスタートする。

 

Bさんは関西の出身で札幌には仕事を求めてやってきたそうだ。

 

そして札幌の建設会社に勤めていた。

 

会社の用意していたアパートに住んでいたのだが、

 

交際3か月後にAさんのマンションで同棲を始めた。

 

その後、1年が過ぎ、Aさんもは結婚を意識しだしたが、

 

Bさんは結婚の話になると口が重くなり、現在に至っていたらしい。

 

そして突然の失踪であったのだ。

 

Aさんはすぐ会社に連絡をしたのだが、前日に「一身上都合」と言って退職していた。

 

携帯電話もつながらない。

 

そのような状況の中でAさんは当社にご依頼された。

 

探偵の調査も非常に困窮した。

 

札幌市内、また北海道にBさんの足跡(痕跡)を確認できない。

 

その後、Bさんの出身地の関西で調査を続ける。

 

1ヶ月後、探偵は関西のある小さな町でBさんを確認する。

 

Bさんは毎日、ある病院に通っていた。

 

数日間、その場所でBさんの調査を続けた。

 

そして調査を完了したのだが・・・・

 

探偵はAさんに全てを報告する。

 

Bさんは数年前まで関西で建設会社を経営していた。

 

だが取引先の倒産が重なり、Bさんの会社も連鎖倒産。

 

Bさんは大きな借金を抱えた。

 

その時から奥さんとの関係も不仲になっていった。

 

Bさんは自己破産を申請し、破産が確定。

 

その後、Bさんは北海道に渡って仕事に就いた。

 

そしてA子さんと知り合った。

 

失踪前、Bさんの会社に長男が訪ねてきた。

 

奥さんが重い病気になり、入院をされた。

 

奥さんは病室のベットで「Bさんに会いたい」と毎日、長男に話していた。

 

長男はそのことを親族に相談し、向うで探偵に依頼し、お父さんを探したようだ。

 

そのことを長男から聞き、Bさんは悩んだ末に関西に戻ることを決めた。

 

探偵はBさんと会い、BさんからAさんに伝言を預かった。

 

「君と一緒に過ごした時間は僕にとっては人生の宝物です」

 

「僕の分まで幸せになってください」と。

 

Aさんは探偵のこの報告を涙をいっぱい流しながらお聞きになっていた。

 

 

探偵もせつない調査でした・・・・・・・

 

 

上記調査事例は類似する複数の調査を元に創作したフィクションです。

札幌市を拠点に北海道全域で調査を行っております。

北海道札幌市
中央区
北区
東区
白石区
厚別区
豊平区
清田区
南区
西区
手稲区
その他、北海道全域