011-784-2977

会社概要

株式会社アイシン探偵事務所
本店
札幌市中央区大通西1丁目14番2
桂和大通ビル50 9階
リージャスビジネスセンター
東店
札幌市東区東苗穂7条3丁目4-50

各種クレジットカードを使えます

JCB、American Express

リンク集


便利帳:札幌お役立ち情報
調査実績

調査事例につきましては、当社において承りました調査事例ですが、
名前、年齢、地域、個人を識別できることにつきましては変更しております。

タグ別アーカイブ: ストーカー調査

クルマへの執拗な嫌がらせ・・・

ストーカー調査

 

札幌市白石区に在住のA子さん(23歳)からご相談を頂いた内容は、

 

クルマに対する執拗な嫌がらせである。

 

A子さんは札幌市で看護士をしており、一人暮らしである。

 

1ヶ月前から3度、自分のアパート前の駐車場に止めている車を

 

キリのようなものでタイヤをパンクさせられている。

 

また、車体を傷つけられたりもしている。

 

警察にも相談をしたが、深夜のパトロールをしますとのこと。

 

その後も車へのいたずらは続き、メールボックスに本人を中傷する手紙も投函された。

 

引越しも考えたが、現在のアパートに引っ越してきてまだ3ヶ月で、

 

引っ越したとしても、また被害が継続する可能性もある。

 

奈津子さんは札幌に住んでいるご両親に相談し、相手の特定をすることにした。

 

探偵はA子さんの車が確認できる場所に探偵車両2台を配置し、夜10時から張り込みを開始する。

 

1日目、2日目と犯人は現れなかった。

 

3日目の午後11時45分、A子さんのアパート前を、2回通りすぎた車があった。

 

その後、A子さんのアパートの裏手の道路に車を駐車し、車から降りてAさんの車に近づいた。

 

やはり犯人である。

 

キリを車の後輪に突き刺し、その後何事も無かったように再び自分の車に戻り走り去った。

 

探偵はその状況を撮影し、犯人の車を尾行すると共に、その車のナンバーを記録した。

 

その車はA子さんのアパートから、10キロ程離れたマンションの駐車場に駐車し、

 

エレベーターで7階に昇った。

 

そのマンションの7階の一部屋の室内灯が点灯した。

 

翌日、探偵はその犯人の名前とマンションの号室を調べる。

 

その後、A子さんは探偵の犯行状況を記録した映像を持って警察に被害届を出した。

 

その男はA子さんの勤務している病院の元入院患者で、48歳の独身の男であった。

 

仕事は公務員。

 

仕事中に腕を骨折して入院をしていた。

 

その男が入院している時、よくA子さんに話しかけてきたようだ。

 

そして退院の時にA子さんを食事に誘ったが、A子さんははっきりと断った。

 

退院後、自宅療養の1週間を使って、車で通勤しているA子さんの車を尾行し、

 

A子さんのアパートを割り出したようだ。

 

『このような被害においては泣き寝入りではなく、民事訴訟を行ってでも被害金額、

 

慰謝料の請求手続きをした方が再犯の可能性は減少する』との

 

探偵のアドバイスに沿って弁護士を介しての請求を行った。

 

 

上記調査は類似する複数の調査を元に創作したフィクションです。

まさかストーカーが自室で昼寝?

ストーカー調査事例

 

 

札幌市在住のA子さん(29)からストーカーについてのご相談をされた。

 

A子さんの相談は下記の内容であった。

 

自分が自宅に帰ると物の位置が変わっている・・・

 

冷蔵庫の缶コーヒーが誰かに飲まれて、缶がごみ箱に捨てられていた・・・

 

見てもいないのにDVDプレーヤーにDVDが入っていた・・・

 

誰かがヤカンでお湯を沸かしている・・・  等など。

 

探偵はストーカーのご相談において被害妄想的なものも多い。

 

このAさんのご相談も当初は「被害妄想かも?」の可能性が高いと考えていた。

 

まずはAさんの不安を取り除くことが大事だと考え、一つの提案をさせていただく。

 

探偵  「Aさんが外出するときにボイスレコーダーをしかけて下さい」

 

Aさん  「分かりました、やってみます」

 

2日後、再度Aさんが訪れた。

 

Aさんは探偵をみるなり、「これを聞いてください」とボイスレコーダーの電源を入れる。

 

それにはAさんが外出してから1時間後、ドアの開く音が聞こえ、

 

テレビの音声が聞こえ始める。

 

明らかに「誰か」が部屋に入っているのが確認された。

 

2時間、テレビの音がなくなり、ドアの開く音が聞こえた。

 

その後、部屋は無音状態になる。

 

「誰か」が部屋を出て行ったのだ。

 

午後3時、またドアの開くおとが聞こえる。

 

そして「ウー、寝むてー ・・・」と声が入っている。

 

その後、「グー、グー、グー」といびきの音が聞こえてきた。

 

「誰か」が昼寝を始めたのだ。

 

探偵もさすがに驚いてしまった。

 

やはりAさんの言うとおり、「誰か」がAさんの部屋に出入りしているのである。

 

Aさんから正式な依頼を受け、調査準備をする。

 

翌日、探偵は2班に分かれて調査体制をひく。

 

A班の2名はAさんの部屋の押し入れに入り、

 

「誰か」が部屋に入ってくるのを待つ。

 

B班はAさんのマンションの玄関が見える場所で出入りを確認する。

 

そしてAさんにはB班の探偵車両で待機してもらう。

 

午前10時30分 B班が30代の男性がマンションへ入って行くのを確認。

 

すぐに無線でA班に連絡。

 

Aさんの部屋のドアが開く。

 

そのままA班は無線でB班に連絡、すぐにB班の探偵がAさんの部屋に駆けつける。

 

B班がAさんの部屋のドアを開ける音を合図にA班が押し入れから出る。

 

4人がかりでその「誰か」を抑え込む。

 

すぐに警察に連絡。

 

その人物は30代の男。

 

どうやらAさんの部屋の元住人であった。

 

男は前に住んでいた時のカギを持っており、いまだカギが変えられていないことを知る。

 

そして自分が出た後に「若い女性が一人で住んでいるのも調べた」

 

最初は覗き気分でAさんの部屋に侵入したらしい。

 

その後、Aさんの生活パターンを調べ、Aさんの不在時間を掌握し、

 

毎日のように侵入していたのだ。

 

また男は営業でAさんのマンション付近の地域を担当しており、Aさんの部屋を休憩場所にもしていた。

 

全く呆れる話である。

 

そして恐ろしい話でもある。

 

 

上記調査事例は類似する複数の調査を元に創作したフィクションです。

札幌市を拠点に北海道全域で調査を行っております。

北海道札幌市
中央区
北区
東区
白石区
厚別区
豊平区
清田区
南区
西区
手稲区
その他、北海道全域